TOP台場勝どき豊洲汐留丸の内銀座築地晴海

第3回「豊洲」編 休日のシーサイドウォーキング

こんにちは。このページは「トーキョーに恋する大人」を代表する、私たち夫婦(夫33・妻32/結婚7カ月目)が案内役です。来年から住み始める予定の勝どき(もう今から楽しみ!)、その周辺3km以内に位置するオトナの遊びスポットを地元人の目で週末リサーチ中。今月はいま最も旬のスポット、豊洲へ足を運びます。

 

芝生のベストビュースポット

[カナ]ようやく夏らしい天気になってきました。では今週はサイクリングを決行! ショッピングを兼ねて「ららぽーと豊洲」まで行こうと計画したんですが・・・わ、近! もう着いちゃった?

[アキヒコ]勝どきから黎明橋を渡って晴海のトリトンの脇を晴海通りへ入ると、もうその先が豊洲。結局2kmなかったんじゃない?
朝早く出発しすぎて「ららぽーと豊洲」のオープン前に着いてしまったので、もう少し先の「新豊洲」まで足を伸ばして、朝9:30からオープンしているガスの科学館「がすてなーに」に行ってみました。仕事柄、趣味と実益を兼ねて、企業のショールームやミュージアムのチェックは欠かせないもので(笑)。
ここは東京ガスが運営する施設で、ガスと地球の関係や、文明とガスの歴史、ガスを使った炎の遊び、生活に密着した料理教室まで、広々した館内に豊富なアトラクションで、ファミリーを楽しませてくれます。しかも入場料は、大人も子供も無料! 他にも東京ガスの常設企業館には、横浜市鶴見区に「環境エネルギー館」というエコ技術寄りのミュージアムと、小平市に「ガス・ミュージアム」というガス灯時代からの歴史を中心に紹介する赤レンガの博物館の2つがあって、それぞれに趣が深くおすすめです。

[カナ]またぁ、アキヒコはつくづくミュージアム・オタクなんだから・・・「がすてなーに」での私のオススメは屋上です。皆さんも散歩に行ったら、ぜひ屋上に上がってみてください。芝生のミニ公園でベンチが置かれていて、晴海運河を眺めながらぼーっと過ごすのに最適ですよ。平日は子連れママの来場も多いみたいです。






屋上緑化が施され、芝生とベンチが置かれている「がすてなーに」の屋上は、新豊洲から[THE TOKYO TOWERS]を眺めるベストスポット。
丸くカーブした屋根の形状は、地球の2万分の1のスケールを表しているんだって、知ってた?
【 ガスの科学館がすてなーに 】
2003年に開館。暮らしを支えるエネルギー・ガスの不思議な世界を、見て、感じて、学べる施設。
開館時間/9:30~訓7:00 定休日/月曜(祝日の場合は翌日)
入館料/無料